切手とつながったラベル

切手とつながったラベル

オーストリアでは、1850年から切手の発行を開始。

 

この当時の通貨は、69クロイツェルが1グルデンに相当していました。

 

そこで切手の額面がクロイツェル単位の場合、シートは単片60枚で構成されていると窓口での計算上、グルデン単位となり好都合だったのです。

 

ところが、印刷所の都合から「8×8の構成のシート」とすることになり、4枚分の余分なスペースができてしまいました。

 

このスペースは、空白にしておくとニセモノ作りに悪用される危険がある。

 

そこで、余分の4枚分のスペースには「×印(聖アンドリュースの十字と呼ばれる)」を刷込み、ラベル状の部分を作りました。

 

これが「タブの始まり」とも言える例で、この後、他国の切手にもこうした手法を採用する例が現れたのです。

 

 

切手帳ペーンで多くの例が

20世紀に入ると、切手帳が各国から発行されるようになりますが、これは窓口売りのシート切手とは異なり、販売の単位が切手帳1冊ということになります。

 

このため、1冊を構成する切手の枚数(従って額面合計)が、切手帳の売価を左右します。
最初のうちは端数が出ても額面合計か、またはこれに若干の手数料を加えた金額が切手帳の販売価格となっていました。

 

ところが、これでは窓口販売や自動販売機での販売で、つり銭の支払いが面倒になる。

 

そこで、売価をできるだけきりの良い数字にするために、切手帳ペーンの切手枚数を、タブを加えて調節する方法が普及するようになったのです。

 

このタブも、最初は単なる埋め草的な図案が使われていましたが、次第に郵政利用のための標語などが入るようになりました。

 

これがさらに進展して、一般の商業広告をスポンサーから費用を撤収して、挿入するという例まで現れたのです。

 

 

トップページ⇒中国切手買取ナビ | 中国切手を高く売れるおすすめの切手買取業者