シート切手での発展

シート切手での発展

主として第2次世界大戦後は、一般の窓口で売られるシート切手でも、タブを故意に付けた形のものが、収集家の興味をそそる材料として、発行されるようになった。
この傾向を極端に示したのが、戦後の切手発行国、イスラエルである。
この国では、1948年の切手発行開始から、シートにタブを付けることを始め、耳紙やタブにその切手に関連のある図案を取り入れ、たちまち世界の収集家の話題となった。

 

このような方法は、各国でも次々と採用されるようになった。
日本でも、昭和23年(1948年)の競馬法公布25周年記念切手では、8×4というシート構成で、合計32枚の切手になるところを、左上と右下隅の2枚分だけをタブにし、切手は30枚におさめて発売した。

 

その後、国民体育大会記念、万国郵便連合(UPU)75年記念など、何回かこのような方法が取られ、タブ付き切手も定着するようになった。

 

タブ付き切手の収集

タブは、それだけをシートから切り離してしまうと、切手ではないので、単なる私的なラベルと間違えられる危険性もある。
そこで、収集の世界では、これをシートから切り離す際にも、必ず隣接する切手と、くっつけた形にしておくのが常識となっている。

 

発行者側でも、それを意識してタブの図案が工夫されているものも多く、収集するときの形もまた、その意図を汲んだものが望ましいということになる。

 

 

トップページ⇒中国切手プレミア・未使用品!激安販売店をあなたに教えます!